梶尾真治 (KAJIO SHINJI)
●プロフィール

 熊本で石油販売会社を経営するかたわら、リリカルなものからドタバタまで、幅広いジャンルのSF作品を生み続けている。
 とりわけ時間とおもいでをテーマにした短編SF群は、読者に何とも言えないビタースィートなテイストを与えてくれる。
 「短篇SFの名手」として名を馳せてきたが、日本SF大賞を受賞した『サラマンダー殲滅』以降は長篇作品も積極的に手がけるようになり、特に『黄泉がえり』は映画化されヒットした。
 2004年には社長職を辞して専業作家となり、ますます精力的に執筆活動に取り組んでいる。
 代表作は……「おもいでエマノン」「時尼に関する覚え書」『サラマンダー殲滅』『クロノス・ジョウンターの伝説』『黄泉がえり』など。

  1947年12月24日生まれ。山羊座のA型。
  熊本県出身。福岡大学経済学部卒業。熊本在住。

  1971年 同人誌「宇宙塵」に発表した短篇「美亜へ贈る真珠」が『SFマガジン』3月号に転載され、商業誌デビュー。
      しかしその後、家業を継ぐため、数年間の沈黙。
  1978年 『SFマガジン』で「フランケンシュタインの方程式」を発表し、作家活動再開。
  1979年 「地球はプレインヨーグルト」で星雲賞受賞。
      短篇SFの名手として名を馳せていく。
  1990年 長篇『サラマンダー殲滅』を刊行、翌年、日本SF大賞に輝く。
      以後、長篇の執筆量が増えていく。
  1991年 「時尼に関する覚え書」でSFマガジン読者賞を受賞。
  1992年 「恐竜ラウレンティスの幻視」で2度目の星雲賞受賞。
  2000年 『黄泉がえり』刊行。2003年に映画化される。
  2001年 「あしびきデイドリーム」で3度目の星雲賞受賞。
  2004年 専業作家宣言。
      「黄泉びと知らず」で4度目の星雲賞受賞。


●著作リスト

カジシンファン注目!

「kajishin-fanメーリングリスト」発足! 詳しくはML管理人のくま・極光さんまでお問い合わせを。

Yoshiさんが、『未来のおもいで』や『インナーネットの香保里』の舞台となっている、白鳥山についてのページ(白鳥山ホームページ)を作成なさっています。作品を読んで、白鳥山に興味を抱かれた方は是非ご参考に。梶尾先生もメッセージを寄せられています。


最近の動き
▼今後の予定▼

▼2014年▼

▼2013年▼

▼2012年▼

▼2011年▼

▼2010年▼

▼2009年▼

▼2008年▼

▼2007年▼

▼2006年▼

▼2005年▼

▼2004年▼

▼2003年▼

▼2002年▼

▼2001年▼

しろさんより様々な情報を頂いております。ありがとうございます。
E-Mail Address:idris@mint.or.jp
idrisのほーむぺーじ